HOME>トピックス>繁忙期の人材確保や接客レベルの向上に効果的

目次

固定費の節減に

スーパーマーケットの経費のうち大きな部分を占めるのが、レジ係の採用や教育にかかる固定費です。優秀な人材を揃えるには募集広告からアフターフォローまで、かなりの時間と手間を必要とします。レジアウトソーシングを利用すれば、いつでも必要な人材を確保でき、管理コストを削減できるため、余力を他の分野に向けて売上アップに繋げられます。また自社採用だと時季の変動により余剰人員が出てしまう場合があります。たとえば繁忙期だけ臨時にレジの人数を増やしたいときも、アウトソソーシングであれば柔軟に対応することができます。

接客レベルを統一

レジ係はスーパーマーケットで直接顧客に接する仕事であり、店舗のイメージアップに重要な役割を担っています。レジ打ちの正確さはもちろんのこと、クレーム処理の窓口としても適切な対応を求められます。接客レベルを向上させ均一化するには、レジアウトソーシングを利用するのが効果的です。新規開店などの場合、すべてのレジ係を外注で統一する方法もありますが、最初は一部のスタッフだけをアウトソーシングして、実績を確認しながら人材計画を修正していくのもひとつの方法です。

広告募集中